トラックワンによる車買取の特長と年式

トラックワンによる車買取の特長と年式

車を売却する際には、年式は非常に大切なポイントになります。車が販売されていた時期によって、金額が大きく変わってくるものだからです。
一般的には、やはり新しい車の方が高く売れる傾向がありますね。10年前に販売されているような車などは、ちょっと買い取り金額も厳しくなる傾向があります。いわゆる10年落ち車などは、業者によっては有料引き取りになってしまう事もあるようですね。

 

事業用の車も買取額は年式に左右される

 

ところで車売却を検討している方々の中には、事業用の車を売ろうと考えている方もいらっしゃいます。いわゆるトラックやバスなどの売却を考えている方も多いのですが、そのような車でもやはり年式は大きなポイントになります。
10年落ちのタイプの車などは、買取金額が厳しくなってしまう傾向がありますね。ちなみに車のタマ数が、その一因なのです。

 

10年落ちの事業用の車でも買取可能

 

10年落ちの事業用の車を売却したいと考えているならば、業者を選ぶのが大切だと思います。前述のように有料引き取りになってしまう業者もあるのですが、そうでない業者も中にはあります。
ではどの業者であれば買取が可能かと言うと、例えばトラックワンです。その名前の通りトラックの買取を行っている会社なのですが、そこでは年式がやや厳しい車でも買い取られている事例があるからです
以前にある方は、農業用の車をその業者に売却したようですね。かなり年式が微妙な車だったので、果たして値段が付くかどうかが少々不安だったようです。しかし実際にはトラックワンが車を買い取ってくれたので、少々驚いていらっしゃいました。
そのような事例も見られますので、低年式の事業用の車の売却を考えているならば、トラックワンで査定を受けてみるのが良いと思います。