出張査定の方が車の買取額が高くなる2つの理由

出張査定の方が車の買取額が高くなる2つの理由

車の査定の方法は、大きく分ければ2種類になります。車の買取業者に出張に来てもらうか、実店舗に車を持ち込むかのどちらかです。その2つの方法はよく比較されるのですが、少しでも高く買い取って欲しいと考えているならば、前者がオススメです。

 

費用と手間がかかっている出張

 

そもそも私達が遠方に行くとなると、やはり経費がかかってしまいますね。車の査定士の方々は、もちろん社用車などを用いて出張に来てくれます。その際にガソリン代などもかかってしまいますので、出張費用が発生しているのですね。実際には出張料金は無料になっている業者が多いのですが。

 

また遠方に行く場合には、もちろん手間もかかってしまいます。遠いエリアまで出張するのは、やはり車の業者としても大変な事だと思います。

 

わざわざ労力をかけて出張に来ている訳ですから、やはり査定士の方々としてはその労力を無駄にしたくないと考えているので、車の査定金額も高くなりやすいと言われています。ちなみに店舗の場合はそうではありませんね。それほど多くの手間がかかっていないので、出張に比べれば実店舗の方が査定金額が低くなる事が多いと言われています。ですので高額売却を目指すのであれば、やはり出張の方が良いでしょう。

 

本社の方が来るので査定額が高くなる

 

それと出張の場合は、本部のスタッフの方が来てくれる事が多いです。車の買取店の中には、フランチャイズ経営をしている所もありますね。

 

参照先:レガシィ買取

 

フランチャイズの場合は、実店舗のスタッフはあまり高い金額を提示しないと言われています。本社の場合はそうではないのですね。ですので出張の方が、やはり実店舗よりも車の査定額が高くなる傾向があります

 

最近では多くの方々は、一括査定で車の買取を行っている事も多いです。上記のような状況になっているので、敢えて実店舗ではなく一括査定を利用しているのだと察します。